• ホーム
  • 高血圧を改善をする方法とは

高血圧を改善をする方法とは

2019年06月30日
多様な薬と水のグラスを持っている男性

高血圧は、成人病として様々な悪影響を与える、非常に怖い病です。
日常生活に、目立った症状が出る訳ではありません。
多くが加齢を増して、医者に高血圧を指摘をされることで認識を改めて、薬をのみ始めたり、食事に多少の配慮をして意識の高さは強まりますが、数値の変化のなさに困惑し、眼に見えた効果のなさに挫折します。
高血圧を抑えようとしても、毎日の運動と食事制限で努力で、すぐには目立った効果が見られない場合は、長続きは難しいでしょう。

高血圧を改善するには、やはり食事制限は欠かせません。
肥満と運動不足は関連します。
体形から判断できる高血圧の症状と言えます。
高血圧の改善方法の手始めに、一日三十分の有酸素運動。
膝を少しだけ上げることに神経を集中する、散歩がいいでしょう。
激しい運動は、却って肺や心臓、腰や膝にも負荷を掛け好ましくありません。
食事の方法で、五色以上の野菜を一日の食事に取り入れて、改善を目指します。
人間の血液は、本来弱アルカリ性です。
肉食中心の食生活や乱れた生活習慣で、酸性のどろどろ血液に変わり、血圧の異常な高まりが血管を縮ませたり詰まらせたりします。
そこに悪玉コレステロールの沈澱かが進み、血管の動脈硬化を引きおこしたりします。
その場合に高血圧やそれがもたらす合併病などを発症させ、重大な病になります。

まず、アルカリ性に戻す食生活の方法に変えましょう。
梅干し、バナナなどはカリウムを排除する働きがあり、血圧を上げる塩を外に出してくれます。
豆類、ほうれん草、青魚、人参、海藻、きゅうり、ピーマン、キャベツ、ブロッコリーそのほか玉葱などは出来る限り摂取します。
りんごなどの果物もいいでしょう。
ただし、糖分は取りすぎると逆効果になります。
血液をアルカリ性に戻し、血圧を押さえる野菜中心の食に、ある程度の酸性の食を混在させ、中和することです。
これに運動をし、常に体重の変化に目標を置き習慣にします。